ドアが壊れたら専門の業者に修理を依頼|快適に住むためのコツ

家とキー

鍵の専門家

鍵

車の鍵を紛失してしまった際には、迷わず専門の業者を呼ぶことが望ましいと言えます。車の鍵を利用する上で重要な事は、鍵がなければ車を開けることの他にも、作動させることも不可能になってしまうのです。

Read More

対策をする

ドア

玄関のドア鍵は、プロの空き巣にとって簡単に開けることが出来る場所となっています。鍵を使用せず針金などで開けることが出来るため注意が必要です。防犯をするなら、特殊の鍵にすることで防ぐことが出来ます。

Read More

鍵の紛失時の注意点

ドア

鍵を紛失した時に注意しておきたい事

自宅の鍵や職場の鍵を紛失した経験の有る人も少なからず存在します。実際に鍵紛失の際にどの様な事が起こるのかです。まず、鍵紛失してしまった自分自身が鍵を開けられなくて困ります。この場合は予備の鍵が手元に有れば解決しますが手元にない場合は開錠サービスを行っている業者に仕事を依頼するのか扉か鍵を破壊して交換する必要があります。 他に起こり得る事は、紛失した鍵を誰かに拾われ悪用されるケースです。拾った人物が良心的な人で遺失物として届出る場合は良いのですが、拾った鍵で鍵を開け、建物内の物を盗む行為を行う場合や寝静まっているところを襲われるという事も考えられます。 鍵紛失の際には、防犯上の事も考えて鍵を付け替える事が望ましいです。鍵紛失した場合、ドアに付ける鍵穴も修理業者に依頼して新しく替えてもらう必要があります。ドアの鍵穴が壊れている場合もあるので、修理業者に診てもらいながら鍵穴も新しくしてもらいましょう。

鍵の事で知って置きたい事

鍵紛失の際、鍵の取り換えを検討する時ですが鍵の種類や機能を理解しておくと良いです。と言いますのも防犯対策として様々な形状、機能の物が取り扱われているからです。一つの扉に対する鍵の数も昔で有れば1個設置する事が主流でしたが、現在では2個設置する事が主流となってきています。これは、泥棒などの侵入をしようとする者が1つの鍵を開けるよりも2つの鍵を開ける方が手間と時間が必要になり侵入をあきらめる又は空けようとしている間の時間稼ぎが出来、気付く可能性や通報などの時間が出来るからです。 他にもピッキング対策等の外部からの開錠を出来にくくしたものも増えてきていますので新たに鍵を取り付ける際にはこのような防犯上優れた物が良いです。

気軽に利用

鍵を持つ人

鍵が開かない際や、紛失した場合に利用することが出来る場所に鍵の110番が利用出来ます。また、業者を利用する際に気になる点に費用が挙げられますが予め確認しておくことで安心して任せることが出来るでしょう。

Read More